sponsored link


カテゴリー


ネットで古本さがすなら!

ブックオフオンライン ユーブック


訪問有難うございます

あなたは
人目のお客様です

ranking

クリックしてね↑

DELL

デル株式会社 デル株式会社


フリーエリア


sponsored link
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CATEGORY:名入れ
三月三日のひな祭りは、ちょうど桃の花が咲くころでもあり、お節句を祝うのにふさわしいことから、今では桃の節句という美しい名で親しまれています。

雛人形を飾ることは、生まれた子供が健康で優しい女性に無事に育つようにとの家族の願いがこめられています。
つまり、雛人形が身代わりになってくれてその子供に災いがふりかかりませんように、結婚など人生の幸福が得られますように、という家族の温かい思いが込められているのです。

もともと、雛人形というのは子供達がおままごとをするためのもので、初期の頃は非常に簡素なものでした。
江戸時代に入って、きちんと台を付けたり段を組んだりして、立派な飾り付けをするようになり、豪華な衣装の座り雛が登場してきます。
京都に雛人形作りの名人が数家でたということです。

現在の、雛人形の主流につながる形式のものは古今雛といわれ、明和・安永年間(1764-1781)頃に江戸で流行したようです。
道具も増え、容貌も写実的で、装束も複雑になりました。

桃の節句のひな祭り。おいしい手作り料理でお祝いしてあげたいものですね。
定番のひな寿司と和菓子。子供と一緒なら、桜餅を作るのも楽しそう。
そして、ひな祭りといえば菱餅。3つの色は、「一番上が紅色で“桃”、真ん中の白は“雪”、下の緑は“草”のことだよ」なんて話しながら作ったら、子供の中に季節感が育まれるかもしれません。
ひな祭りにつきものの、白酒もあります。おうちにひな人形を飾って、素敵なパーティーを楽しんでくださいね。







純金製!!!
名入れ可能





トップに戻る


テーマ : 贈り物・プレゼント - ジャンル : ライフ


>
copyright © The 名入れグッズ       名入れならおまかせ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。